JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

父が死亡し、本人のクレジットカードを解約したいのですが、まだ返済が残っています。 次の返済期限(口座引き落とし)が

解決済みの質問:

父が死亡し、本人のクレジットカードを解約したいのですが、まだ返済が残っています。
次の返済期限(口座引き落とし)が12/12になって おりますが、口座に残高がありません。
返済義務は遺族にありますが、相続放棄する可能性もあります。

その場合どの方法がよいでしょうか?
①クレジットカード会社にすぐに連絡して退会手続きをする→遺族に請求がきた場合に返済をする
②相続が決定するまで放置(12/12に返済できない)

上記①の場合、いったん遺族が返済をしてしまっても、相続放棄することはかのうでしょうか?
つまり、返済した時点で相続放棄はできなくなりますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

クレジットカード会社に連絡し、相続を承認するか放棄するか決まってから返済についての話し合いをする旨を伝えるのが一番よろしいかと存じます。

または敢えてこちらから連絡せずとも、期日を過ぎればカード会社から連絡があろうかと思われるのでその時に上記のとおり対応するでもよろしいかと存じます(②に近い対応)。

仮に返済をした場合、その後相続放棄ができるかどうかですが、これは誰の財産で返済したかによって変わってきます。

相続人が相続があったことを知ったうえで、相続財産を処分した場合に相続放棄することができなくなります。よって、現時点で遺産を使って支払いを続けるのはやめておいたほうがよいかと存じます。逆に、相続人の固有資産を持って支払うのであれば、ただちに放棄できなくなるわけではありませんが、後でどちらの財産(遺産or相続人の財産)を支出したのか争いになることもあり得ますので、あまりお勧めしません。

kanekiyoをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問