JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

離婚した前夫が死亡しました。私との間に息子が一人おります。 この度、身の回りの整理をしておりましたら、サラ金からの

解決済みの質問:

離婚した前夫が死亡しました。私との間に息子が一人おります。
この度、身の回りの整理をしておりましたら、サラ金からの借用書が5件分出てきました。
取引期間が長いもので10年位前から支払いをしていたようですが、いまだ完済しておりませんでした。このままでは、相続人の息子に借金の返済催促が来ると思います。
本人死亡後に、過払いの請求が可能でしょうか?可能な場合の手続の進め方や必要書類などがありましたら教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

>離婚した前夫が死亡しました。私との間に息子が一人おります。

>このままでは、相続人の息子に借金の返済催促が来ると思います。

 

 

 >>息子さんが父死亡後3か月以内に相続放棄をされれば、負債も相続しません (民915条、921条)。

 

 それがなく(法定単純承認)単純に相続した場合を想定します。

 

まず、業者に「取引開示請求」を行ってください。

 

これで高利のままの計算書が送付されてきます。

 

 

http://kinyuguide.blog64.fc2.com/blog-category-30.html

 

次に、利息引きなおし計算を行います。

 

これはグレーで収めすぎていた利息を利息制限法の枠内で

 

引きなおすものです。

 

これで過払い利息の有無がわかります。

 

下記のソフトは有料ですが、よくできています。専門家もこれを使っています。

 

 

 

http://www.tdon.jp/download/main.htm

 

 

 

 不当利得返還請求訴訟になりますが、定型的な訴状なので

簡単に作成できます。

 

 

http://www.kabarai-manual.net/template/complaint.php

 

 ただ、交渉となると最近はなかなかシビアなことが多いので(値切られる)、弁護士・司法書士に頼んで、

成功報酬20~40%払ってもいいという場合は、依頼されるとよいでしょう。

 

 

 

 

kionawakaをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問