JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

.

解決済みの質問:

自己破産者は保証人になってくれた方にどうしても保障してくれた金額を支払わなければいけないのか.回答をよろしく.又子供にも支払義務が生じるのですか.
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:まだ回答がありません。
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:その他
回答を見れなかった.回答を再送してください
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。
こんにちは。


まだどなたからも回答がでていないので,私が回答します。
破産する前に保証人が代位弁済しており,保証人からの求償権が発生した後に破産手続がなされ,免責が出た場合であれば,当然に保証人からの求 償権に対しても免責されていることになります。

ですが,破産後に保証人が債権者に対して支払ったならば,保証人からの求償という,破産手続き前には存在していなかった,新たな債務を負うことになりますから,それに対しては支払わなければなりません。

次に子供が債務を負うことになるかという件ですが,
債務者が破産後に保証人から求償され,それに対する支払義務を負った状態で死亡すると,
原則として子供はその支払義務という債務も相続します。
そこで,子供としては,被相続人である親の死亡後3ヶ月以内に,家庭裁判所で相続放棄の手続をすることにより,
親の負っていた債務を負わなくて済むことになります。
bengoshimailmeをはじめその他名の借金・債務処理・破産カテゴリの専門家が質問受付中

借金・債務処理・破産 についての関連する質問