JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 借金・債務処理・破産 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

消費者金融やクレジットなどの借金ではないのですが。 親子間で、自分が働いていない時期に親から生活費の月4万とその他

質問者の質問

消費者金融やクレジットなどの借金ではないのですが。
親子間で、自分が働いていない時期に親から生活費の月4万とその他で親のクレジットを借りての買い物などで今100万以上の借金があります。
親とのトラブルで、これはカテゴリ別になるのですが縁を切ろうと思い、親と話したところ
そのお金を返せと言われましたが
その場合、クレジットの方は返さないといけないと思うのですが
生活費なのどのお金は法律上
返さないといけないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 借金・債務処理・破産
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。
こんにちは。

貸金契約(金銭消費貸借契約)をしたとすれば,法律上は,親子間であっても返済の義務があります。
あなたが働いていない時期に生活費として受け取っていた月額4万円と買い物代が,消費貸借契約に基づく金銭として交付されていたものであるとすれば,弁済期(返す約束の期限)に弁済(返済)しなければいけません。

ところが,
1.貸金返還請求のためには返還の約束があったことが必要で あるところ,親子間のお金の融通で,明確な返還の約束がある場合というのはそれほど多くないのではないか
2.貸金返還請求のためには,返還の約束とともに弁済期の合意が必要なのですが,親子間のお金の融通で,いつ返すかについての合意がある場合というのは実際上少ないのではないか

と思われます。
あなたの場合,収入がなく困っている場合の最低限の日常の費用と,数十万円程度の買い物費用くらいですし,100万円を一度に渡したわけでなく何度にも渡って比較的少額のお金を必要に応じて渡していたものと思います。ご両親には「いつか返せるようになったら返して欲しい」という期待はあっただろうと思いますが,ふつうに考えて,明確な返還約束や弁済期の合意をその都度行っていたとはあまり考えられません。
ですので,道義上,助けてくれたご両親にいつかお金を返す必要はあると思いますが,法律的には,厳密には,どうしても返さなくてはならないものではないと思います。

個人的な意見になりますが,現時点でご両親がふつうに生活していくのに困る経済状態ではない場合,100万円程度のお金をあなたが返しても,あまり役に立たないと思います。
お金を叩き返して縁を切ってやりたい,というような気持ちにもなるとは思いますが,ご両親がこの先高齢になられて収入がなくなり,心細くなった頃にドカンと返してあげた方が,活きたお金になるのではないかなと思います。
そう考えて,縁を切ったりしないで,「ちゃんとお金を返すまでは元気でいてもらわないと」というような気持ちで,ケンカしながらも大事になさって欲しいものです。100万円くらいで縁を切ろうとは,ご両親も心の底からは思ってはいないですよ。

借金・債務処理・破産 についての関連する質問