JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
greenbiblesに今すぐ質問する
greenbibles
greenbibles, 自動車整備士
カテゴリ: 自動車
満足したユーザー: 93
経験:  -
60361493
ここに 自動車 に関する質問を入力してください。
greenbiblesがオンラインで質問受付中

BMW325iに乗っていますがエンジン警告灯がつきデーラーへ持ち込みました 結果はNoxセンサー・ラムダセンサーの

解決済みの質問:

BMW325iに乗っていますがエンジン警告灯がつきデーラーへ持ち込みました
結果はNoxセンサー・ラムダセンサーの故障でエンジンの故障ではないが
両センサーを取り換えるには20万円強かかると言われ、とりあえず警告灯を
消して様子を見ることにしましたが2日ほどでまた点きました。
エンジンの故障を知らせる為にあるセンサーが5年位で故障したのでは本末転倒と
言う感じで非常に不愉快です。こんなことがたびたびあるのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 自動車
専門家:  greenbibles 返答済み 1 年 前.
回答遅くなり申し訳ありません。ご質問内容にあるセンサーですが、そのセンサーは排気ガス中のガソリン濃度を検出しエンジンへの燃料噴射量を制御しているセンサーです。その部品はメーカー車種、年式、走行距離にもよりますが基本的には消耗品です。国産のトヨタ車なのでも10万キロを超えたあたりからはいつその部品の交換時期が来てもおかしくないような状態です。最近の車はその部品が2つついているので部品代も単純に2倍です、国産車のだと一つ交換して約3万~5万円くらいでしょうか。その二つの部品は取り付け位置や部品が同じなので、壊れる時期も似たり寄ったりというケースも多いので、もう一方はその時点では問題なくても、両方同時交換を薦められるケースも多いです。いずれにしても不具合が出ているということは交換が必要になります。交換しないまま乗っていると燃料噴射量の調整がうまくいかず触媒が壊れてしまったり、燃費が悪くなったりします。もし修理費用を懸念されているようでしたら、BMW正規ディーラーではなくBMWを専門でやっているような修理工場など非正規ながらも修理可能な工場もたくさんあります。そういった所は正規部品を使わず汎用品対応もしていることがおおいので、正規に頼むよりはトータルの修理金額は安く収まることは多いです。上記が私からの回答となります。質問や不明点などありましたらお気軽のご質問ください。
greenbiblesをはじめその他名の自動車カテゴリの専門家が質問受付中

自動車 についての関連する質問