JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Zeppettoに今すぐ質問する
Zeppetto
Zeppetto, 特殊整備士
カテゴリ: 自動車
満足したユーザー: 18
経験:  福岡で09年より独立 ポルシェの整備、改造などのキャリアだけで15年以上、200機以上のエンジンOH経験者です。 ポルシェ以外のフェラーリ、ランボルギーニ、マセラッティ、ジャヤガー、BMWなどの輸入車整備経験も有ります。
77284918
ここに 自動車 に関する質問を入力してください。
Zeppettoがオンラインで質問受付中

W210 210055 ですが、LCCの量が3日間で減ってしまい数回クーラントを補充しました。数日後、エンジンルーム

解決済みの質問:

W210 210055 ですが、LCCの量が3日間で減ってしまい数回クーラントを補充しました。数日後、エンジンルームより白煙、ボンネットを開けてみるとファンベルトに冷却水が滴り落ち、噴射もしていました。ウォーターポンプを手配したのですが、インターネットで紹介されている修理例では、ファンを取り外した後からの修理です。出来たらボンネットを開けた後から教えていただけると助かります。また、ウォーターポンプを購入したのですが、故障の症状によって他に交換必要なパーツが有るのか教えてください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 自動車
専門家:  Ryoko-Mod 返答済み 2 年 前.
こんにちは、こちらご投稿のカテゴリを管理しておりますRyoko.M と申します。
お客様がご投稿になられた質問に回答できる専門家をお捜ししておりますが、回答ができる専門家を見つける
には、残念ながらもう少し時間がかかりそうです。
引き続きお探しいたしますが、もうすでにご投稿の質問への回答を見つけられた場合はご連絡ください
専門家:  Zeppetto 返答済み 2 年 前.

はじめまして、岸と申します。

質問の内容、拝読させていただきました。

まだ、回答者がいらっしゃらないようなので、一般的なウォーターポンプ交換手順を列記させて頂きますので、参考にしてみてください。

ジャッキやパーキングブレーキ、輪止めを確実に使用して、安全を確保の上、作業してください。

*エンジン、冷却水を冷やすために、ボンネットを開放する。(充分に冷えた事を確かめてください。)

*下側ラジエターホース(ロアホース)のラジエター側を取り外して、ラジエター液を排出する。(ラジエターに排出プラグが有る場合は、先にラジエター液を排出してください。また、排出する際は、勢い良くラジエター液が出るおそれが有りますので、ご注意ください。)

ラジエター液を再利用する際は、容器を用意してください。

*ラジエターキャップをゆっくりと取り外す。(ラジエター液が、さらに勢い良く出ます。)

*ラジエター液の排出が済んだら、上側ラジエターホースを取り外す。

*下側ラジエターを取り外す。

*ATミッションだと思いますので、ラジエター下に有るトランスミッションから来ているオイルパイプ2本を取り外す。(ATオイルが少しこぼれてきますので、受け皿を用意してください。)

*ラジエターファンの外に取り巻いているシェラウドの取り付けを外して、ファンの方に倒して待たせる。(モデルによっては、上下で2ピースになっている場合があります、この場合は、取り外してください。)

*ラジエターの固定を取り外し、倒したシェラウドとの間から上方に引き抜く。(ラジエターの下部の固定は、ゴムキャップに差し込まれているタイプがほとんどですので、シェラウドと上部の固定を外して、グラグラするようであれば、引き上げてみてください。)

*シェラウドを手前に移動させて、シェラウドを取り出す。

*ラジエターファンの付け根のナットもしくはボルトを取り外して、ファンを取り外す。(BMWなどの場合は、このファンがセンター1本の逆ネジですので、取り外しに専用工具が必要ですが、メルセデスは普通のナット4個だったと記憶しております。)

*ベルトのテンションを緩める。(テンショナーでの1本リブベルトの場合は、テンショナーを緩む方向に下げて、一旦固定して、ベルトを外す。

*ウォーターポンプのプーリーを外す。

*オルタネーターなどのウォーターポンプに絡んでいる固定ボルトを外す。

*ウォーターポンプの固定ボルトを取り外す。

この工程で、折り返しになります。

!ラジエター液を規定位置まで、入れてください。

!こぼれた量のATオイルは、点検口から補充をしてください。

!エンジンの暖気して、シフトをゆっくりとP、R、D位置を行き来させて、エンジンがかかった状態、PレンジでATミッションのオイル量を確認してください。

!エンジンを止めた状態、冷えたら再度、ラジエター液の量を確認してください。

手元の新品を手にとって、付いているモノと比べて、固定されているボルトや位置を確認してください。

分解に不慣れであれば、ボール紙などにマンガ絵を書いて、ドライバーでボルト位置に穴を開け、取り外したボルトをマンガ絵の位置に差し込んで作業するのも、堅実な方法です。

一般的な進行手順ですが、参考になれば幸いです。

なにか有りましたら、再度、ご連絡ください。

よろしくお願いします。

Zeppetto, 特殊整備士
カテゴリ: 自動車
満足したユーザー: 18
経験: 福岡で09年より独立 ポルシェの整備、改造などのキャリアだけで15年以上、200機以上のエンジンOH経験者です。 ポルシェ以外のフェラーリ、ランボルギーニ、マセラッティ、ジャヤガー、BMWなどの輸入車整備経験も有ります。
Zeppettoをはじめその他3 名の自動車カテゴリの専門家が質問受付中

自動車 についての関連する質問