JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
oct1290に今すぐ質問する
oct1290
oct1290, 自動車整備士
カテゴリ: 自動車
満足したユーザー: 174
経験:  16歳より自動車整備関連に従事し30年間整備、競技用車両の開発、運営をしていた。
67335236
ここに 自動車 に関する質問を入力してください。
oct1290がオンラインで質問受付中

移動販売でコーヒーショップをやろうと思っています。 しかし車に関してはほとんど無知なので、どのような車が適して

解決済みの質問:

移動販売でコーヒーショップをやろうと思っています。

しかし車に関してはほとんど無知なので、どのような車が適しているのか、何の車を選べばいいのか分かりません。
改良費なども実際いくらくらいになるものなのでしょうか?
実例などあれば教えてください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 自動車
専門家:  oct1290 返答済み 3 年 前.
詳細をご希望であれば少々お時間を下さい。

簡素で良ければ
車両は軽トラックからハイエースほどの大きさで
改造費用はその仕様で大きく異なります。
登録費用以外であればキャンピングカーの製作とほぼ同じであり内装の部品(厨房)に関し自身で購入し設置するだけなら20から30万円ほど
全ての中を作成するのであれば100万円はかかると察します。

詳細をご希望であればお知らせください
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。


詳細希望します。


 


コーヒーショップの実例があれば参考にしたいです。

専門家:  oct1290 返答済み 3 年 前.
以前は数台コーヒー販売のカスタム車を作成しました、
他にも珍しい所では石焼芋の車両とか。。。

コーヒー販売の車両はご自分が車両に乗って販売するか、降りている状態で販売、調理をするかでまったく違う車になります。

軽自動車でも地面からカウンターまでの高さが1200ほど無いとお客様には難儀です。
地面から荷台の中までの高さは低い車両でも700はありますそこに販売員が経つと目線は2000を超え完全に【上から目線です】
軽自動車で販売する車両は降りて販売するケースが多いのはこのためです。

大き目の車両であればスペース的に椅子や座って販売出来るので多少は【上から目線】は避けられます。

しかし、販売する物がコーヒーだけであれば軽車両でも可能と思います。

サンドやドックの軽食の販売は無く調理済の物を販売するのであれば調理の必要が無く保管する場所さえあれば可能です。

横が1.9メートル縦が1.4メートルが一般的な軽に荷台寸法です。
地面からの高さは荷台そこまでは60㎝ほどです
この寸法で使用する機器や店舗に必要な機器の種類を選択することが大切です。

では、この寸法で、トラックですから屋根は無く囲いも無い状態です。

此処から柱を立て屋根(ルーフ)を作ります、材料は金属またはファイバー以外使用できません。
厚さ0.5ミリのアルミかグラスファイバーで成形します、
イメージに合わせて形を作ります、例えばコーヒーカップのデザインにするとか。

ルーフが出来ると後ろのバックの形を成形します
はめ殺しって言いますが動かない状態の壁って感じ

このように作成します。
カウンターは木材でも使用できます、ボンベは使用可能ですが大きさの制限があります。
最近は電気で発電機を使用することが一般的です。
衛生管理の問題で手洗い場が必要になる事もあるのでそれ用の水タンクが必要となります。

上記寸法で使用する機器を選択してご自身で図を書いてみるもが良いと察します。

作成して頂ける会社はキャンピングカーの製作をしてるところや町の板金屋でも引き受けてくれるところはあります。

費用ですがトラックに柱を立て壁を作る費用は15万~20万ほどでしょう。

この状態で一旦引き取り自分で内装を作る事も可能です

車両の基準が(保安基準)ありこの辺を工場側と相談し作ることも可能。
当然、全て工場に任せる事も可能ですが満足いくものが出来るかは疑問なので頻繁に足を運び進行を確認すべきです。

実例は写真や図面をお店する事はこのサイトでは禁止されていますのでできませんが海外ではこのような車両は多く存在し、これを専業としている工場は多いです。
特に東南アジアなどは日本に比べ保安基準が緩いので変わった形の車両は多くあります。
ネットで海外の車両で検索すると見つかります。

日本での基準では、完成された車両は移動販売車ですが特殊車両となります。

登録に関する費用は特に高くは無く通常の登録と変わりません。
但し、検査の段階で高さ、幅、重さは計測します(無料)これが車検証に記載されます。

http://www.relaxcoffe.com/support/jisseki.html
上記は有名な移動販売の会社のサイトですがここにある車両のほとんどは軽車両です
バンタイプとトラックがありますがバンタイプで作ると形は制限されどれも同じに見えます。
トラックで作ると形は結構自由になり個人(オーナー)の好みが出ます。

http://www.zecc.co.jp/detail.php?eid=00032&syasyu=5
は、コーヒーの移動販売車両です。
このようにサイトには多くあるので参考にしてください
最初はやはり販売種目とデザインが先です。
oct1290をはじめその他名の自動車カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございますm(__)m


これを参考に順序立てて計画してみます。

自動車 についての関連する質問