JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sl230に今すぐ質問する
sl230
sl230, 自動車整備士
カテゴリ: 自動車
満足したユーザー: 96
経験:  ホンダ車がつよいです
60422889
ここに 自動車 に関する質問を入力してください。
sl230がオンラインで質問受付中

昇降式のガレージで業者が修理中に、誤って私の日産フーガ450GT(2008年登録)を上層の屋根に挟んでしまい、屋根に

解決済みの質問:

昇降式のガレージで業者が修理中に、誤って私の日産フーガ450GT(2008年登録)を上層の屋根に挟んでしまい、屋根に数箇所凹みを与えました。ルーフデントリーでは無理なようです。屋根をカットして取り替える修理は、強度の問題もあり、又事故車として下取りで値段がつかないと聞きました。屋根全体の取替での修理は可能なのでしょうか?よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 自動車
専門家:  sl230 返答済み 4 年 前.

はじめまして ご投稿ありがとうございます

結論から申し上げますと 修理内容的には問題はありません よくマンション上層階から誤って物が落ちてきて等で交換(切開して溶接)いたします。又、溶接等により強度的にも問題はないと存じ上げます。お客様はセダンの車両ですが 1BOXの大きなルーフでも交換いたします。

 御心配の強度ですが 一般にパネル単品と溶接部では 溶接部の強度が増し溶接箇所が疲労破壊する事はありません。 しかし 基のパネルと溶接部では基のパネルには溶接熱が入りますので金属疲労する事により弱くなる事になりますが 自動車へ要求される実用強度という所から考えますと問題なしと考えられております。 

実際 たくさんの修理を行なわれております。実績のある信頼のある業者様へお願いすれば問題ないと思います。

 もう一つの問題の 事故車扱いですが これは避けようがありません 外観よりのルーフ交換歴はまず判らないレベルには仕上がるのですが 仔細を交換済の目線で見られますと判る事ですし 車両販売時に査定者より事故歴を確認された時は説明しないといけないので お客様には全くの災いと存じあげます。値段がつかないという事はありません 事故歴より減額はされます。

 以上の事より先は 本質問内容よりそれますので 民事の問題で相談していただく事になります。 後はお客様のお気持ちが収まる所で良い解決を見いだせるようにと技術的なアドバイスさせていただきました。

質問者: 返答済み 4 年 前.

私の質問の核心は、ルーフを溶接ではなく丸ごと交換できるでしょうかということです。昨今の技術からして、溶接技術の進歩は理解しています。私自身がある国立大学の材料力学出身ですから。只工場での新車の組立のごとく、ルーフ一体成型をもって修理できるでしょうかということです。私としてはそれを先方に要求したいと思っています。お手数お掛けいたしますがよろしくお願いします

専門家:  sl230 返答済み 4 年 前.

お返事遅くなり申し訳ございません お返事いたします

通常 この業界で申し上げます ルーフ交換とかフェンダー交換などの 外板部品の取り換えは 成型プレスされたパネル補修部品として供給されていますので 新車の組み立てと同様のパネルを取り替えます 違うのは 新車時はライン組み立ての際ほぼスポット溶接で終わる所が 新旧パネルの接続部などがミグ溶接等にて作業されるという事です

 パネルの金型は御存じの様に沢山あるわけでもないので 意匠的にも問題はありません

少数派ですが外品部品(純正以外の部品の事)のパネルもありますが フェンダーなどと違いルーフパネルなどは流通で見たことはありません 恐らく生産しても採算がとれないと思います 

外品部品は悪いとか申し上げるのではありませんが 純正は御存じの通り 素材や生産工程が全て製作時の設計通りで作成されますので 外品の様に鉄組成が違う事や熱入り工程が違う等の問題がありませんので 修理後も新車と同様の経年変化を得る事になります

sl230をはじめその他名の自動車カテゴリの専門家が質問受付中

自動車 についての関連する質問