JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tak shiojiriに今すぐ質問する
tak shiojiri
tak shiojiri, 二級自動車整備士
カテゴリ: 自動車
満足したユーザー: 14
経験:  広島自動車工業短期大学 2級整備士 輸入車の輸入、販売、整備経験20年以上。
19338690
ここに 自動車 に関する質問を入力してください。
tak shiojiriがオンラインで質問受付中

車検切れで6年くらい乗ってなかったチェロキースポーツを動かしてみたら、エンジンがかかった後、200mくらい走って急に

解決済みの質問:

車検切れで6年くらい乗ってなかったチェロキースポーツを動かしてみたら、エンジンがかかった後、200mくらい走って急にエンジンが止まりました。ガソリンはタンク半分。バッテリーは新品に交換したばかりです。
セルは勢いよく回りますがエンジンがかかりません。燃料噴射装置系か点火系だと思うんですが、原因は何でしょうか?
最初にエンジンがかかっていたのに、走行して急に止まったのが気になります。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 自動車
専門家:  tak shiojiri 返答済み 5 年 前.
考えられるのは点火系ならばスパークプラグを外してみて、湿っていれば点火系と言うことになるでしょう。
しかし 、状況から考えると、古くなったガソリンがタンクの底にタール状になったものが生成され、しばらく走った後、ポンプやフィルターに目詰まりを起こしガソリンが行かなくなったようにも考えられます。
この確認方法としてはインジェクターを連結しているフューエルレールに燃圧測定用のバルブが付いているのでクランキング後すぐにそのバルブを押すと勢い良くガソリンが出てきます。これが、ほとんど出てこなかったら燃料が来ていないと言うことになります。
この方法はガソリンが出てきますので火気厳禁で目や顔に掛らないよう用心して下さい。
無理なら修理工場に入れて下さい。
tak shiojiriをはじめその他名の自動車カテゴリの専門家が質問受付中

自動車 についての関連する質問