JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yymmに今すぐ質問する
yymm
yymm, 二級自動車整備士
カテゴリ: 自動車
満足したユーザー: 386
経験:  自動車検査員資格も保有しております。
61013598
ここに 自動車 に関する質問を入力してください。
yymmがオンラインで質問受付中

先日から何度もディーラーに修理依頼してますが、停車時、発進時に金属音がします。何度同じ症状で出しても直りません。ブレ

解決済みの質問:

先日から何度もディーラーに修理依頼してますが、停車時、発進時に金属音がします。何度同じ症状で出しても直りません。ブレーキの部品も交換しました。それでも変わりません。何度やってもダメでしょうか?
少し不信感もあります。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 自動車
専門家:  yymm 返答済み 6 年 前.
フロントブレーキはディスクと思いますがリアブレーキはドラム式でしょうか?
何回かやりとりをさせてください。
質問者: 返答済み 6 年 前.
ディスクブレーキです。先日の修理では、リアディスクローターの錆びのためブレーキローターの交換リアディスクパット交換しました。ただ、言われるがまま信じて交換しましたが、その日のうちにまた音がしてしまいました。
専門家:  yymm 返答済み 6 年 前.
フロントもローターとパッドは交換されたのでしょうか?走行距離もお願いします。
質問者: 返答済み 6 年 前.
フロントは交換の必要がないとのことでした。(数ヶ月まえに同じ症状で交換)
専門家:  yymm 返答済み 6 年 前.
まずリアのブレーキ音についてはあたりが出るまで様子を見る必要があります。
不信感があるとの事ですがきちんとした説明をしてくれましたか?
ディスクローターとパッド交換する前に鳴き対策としてやらなければないことがいくつかありますがどんな作業をされましたか?
めんどくさいようですが現車を拝見できませんのでご協力ください。
ディーラーだからといって完璧な対応が出 来るとは限りません対応したメカニックによって対応にバラツキはあると思います。
こんな作業をしましたがどうしても音が止まらなかったのでディスクとパッドを交換しました。
という説明があっての交換だと思いますが「こんな」に当たる作業はなにをしてもらいましたか?
なぜこのようなことを聞くのかというとブレーキ鳴きについてはいくつかの原因が考えられるからです。
ブレーキを分解清掃して組みつけそれでも音が止まらなかったのでディスクとパッドを交換します。
なのか?
ブレーキを分解清掃して組み付けたが鳴きがとまらなかったのでブレーキのカド取りを実施しそれでもとまらなかったのでブレーキグリスを普段のものより高粘度のものを塗布したがそれでもとまらなかったのでベアリングのガタを点検してそれでも止まらなかったのでブレーキバランスコンディショナー等のパッドのあたり面に塗る事ができる特殊なスプレーを塗布したが止まらなかったのでやむを得ずパッドとディスクを交換します。
なのか?

たとえとして書きましたがこんな説明はうけましたか?
質問者: 返答済み 6 年 前.
今のような説明はありませんでした。いわれたことは、錆びとサイドブレーキに錆びが挟まるので、なると説明されました。それしかいわれませんでした。
専門家:  yymm 返答済み 6 年 前.
たしかに、錆が原因でブレーキが鳴くことはあります。これは新車でもそうです。
しかしブレーキをかけて錆がとれてしまうと鳴く事はありません。
錆がとれても鳴く状況なので修理を依頼したと認識しております。

しかし錆が原因なら新品に交換しても錆はでますし音が出ます。

ディスクとパッドを新品に交換するという作業自体はたしかに鳴き対策として最も有効です。
しかし交換するにあたっての 説明としては不十分だとおもわれます。
「錆で音が出ていますからパッドとディスクを新品にしましょう。」
では納得できないもうなずけます。

わたしがディスクとパッドの交換をしないといけないと判断する材料としては
ディスクのあたり面が非常に荒れている。
ディスクの研磨ができない理由がある。(今はディスクローター研磨機というものがありうちの場合ロータの研磨料金を5000円程度で提供しています。ブレーキの分解工賃は別です。研磨することによって新品同様のあたり面が得られます。しかし削るという事はディスクが薄くなるという事です。メーカーの整備書にはきちんとディスクローターの厚みの限度値が明確に記載されています。削る事によってその限度値より薄くなってしまう場合は安全を考慮しお客様に限度値を説明して納得した上で交換させて頂きます。)
この説明で納得できないというお客様はいらっしゃいませんでした。

パッドについては
残量が少ない。
これもディスクパッドの箱に説明として書いてあるものがあります。
「4ミリより薄いパッドは交換しましょう」と。
パッドメーカーが指定しているなら交換しないと危険です。
次にブレーキの摩擦材(ライニング)が硬化してしまっている。(焼けてしまっている)
これは年式や、お客様の使用の状況を(坂道の走行がおおいとか)踏まえ判断します。

結論としては
たしかにディスクとパッドの交換は鳴き防止には有効な手段で限度値よりも薄くなっていて安全性にも問題があった。(もしくはローター研磨機がない工場だった)
しかしきちんとした説明がなかったため不信感がでた。

しかし既にパッドとディスクの交換は実施されています。
言い方は悪いですがもうしょうがないのでブレーキの鳴きが治まる事を願っています。
鳴きが治まらなかった場合次の対策としてはどんな作業を行うのかその理由もわかりやすく説明して納得した上で
交換されて下さい。
わたしも年間何百台と整備をしていますがブレーキ鳴きが止まらずどうしようもないという経験はほとんどありません。
いつもなんとかしてきました。

ディスクもパッドも交換されたのでしたら頑張ってなんとか音を止めてもらって下さい。

ご不明な点ありましたらお気軽に。




yymmをはじめその他名の自動車カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 年 前.
分かりまし。長々とありがとうございました。 何とかトライしてみます。ありがとう

自動車 についての関連する質問