JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sl230に今すぐ質問する
sl230
sl230, 自動車整備士
カテゴリ: 自動車
満足したユーザー: 96
経験:  ホンダ車がつよいです
60422889
ここに 自動車 に関する質問を入力してください。
sl230がオンラインで質問受付中

ダイハツ ミラ(250)のエアコンコンプレッサーについて コンプレッサーが壊れかけのようです 症状は動力ベル

解決済みの質問:

ダイハツ ミラ(250)のエアコンコンプレッサーについて

コンプレッサーが壊れかけのようです
症状は動力ベルトがあるリングとその内側のコンプレッサーの 間が滑っているようでエンジンにパワーをかける(平坦なところで110km以上)とスリップ音がします。

エアコンを切れば問題なく、ベルトのテンションもいいようなのでまず間違いないと見ております。

お盆中なのでディーラーが休みのためこのまま約300kmを15日に走るつもりです。
しかしながらこの暑さではエアコンを切るわけにもいかず時速100km以下でエアコンをつけて走りたいのですが問題ないでしょうか
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 自動車
専門家:  sl230 返答済み 6 年 前.

はじめまして ご投稿ありがとうございます

状況からして 安全確保から考えますと エアコン使用はお勧めしません

しかし 道具であるという事である事からすれば 今の時期を踏まえ 壊れる事を前提で使用されるのも仕方がない事と思います 私が同様の判断をしないといけないなら 100km以下で走行します

 

エアコンクラッチと言いますが エアコンonの際 クラッチが入り コンプレッサーがベルトの回転をもらい駆動させるしくみなのですが アクセルonや高回転時に エアコンonでも動力を取られるの避けるためoffになる仕組みになっています その作動時の滑り音だと思います

 

原因が2点考えれます

①クラッチの隙間が経年使用のために大きくなって クラッチON時に回転差を吸収する際に発生している音

②コンプレッサー自体の駆動抵抗が経年使用のため重たくなってしまい ON時に滑りを発生させてしまう

 

どちらの原因もJAF等の救援ではどうしようもなく 専門的に整備をしてもらわないといけませんので 現状では対処方法はないと思います

 

お役にたてないですが お気をつけて無事故 無故障で旅行してください

sl230をはじめその他名の自動車カテゴリの専門家が質問受付中

自動車 についての関連する質問