JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Tsukasa_Nekoyamaに今すぐ質問する
Tsukasa_Nekoyama
Tsukasa_Nekoyama, 精神科医 兼 神経内科医
カテゴリ: 自閉症・発達障害
満足したユーザー: 14367
経験:  大学病院在籍時、児童・思春期外来を担当。
61645565
ここに 自閉症・発達障害 に関する質問を入力してください。
Tsukasa_Nekoyamaがオンラインで質問受付中

初めまして。次女(29才、無職)の受けた心理検査の結果のことでご相談させていただきたいと思います。私は父親(68才)です

解決済みの質問:

初めまして。次女(29才、無職)の受けた心理検査の結果のことでご相談させていただきたいと思います。私は父親(68才)です。
次女は国立地方大学の学生時代よりうつ病を患っており(初診日は2009年、21歳)特に2014年以降ひどくなり、ここ3年間で精神病院に3回入院しています。直近の入院は本年4月6日から22日。また2011/7から本年3月末の間に20以上の職を転々とし、どれも短期間に終わっています。昨年10月から障害年金(2級)を支給してもらっています。
昨年3月に主治医から発達障害の可能性があると指摘され、専門家を紹介してもらいましたが、そこへは行きませんでした。昨年2016年9月3日に2回目の入院が始まり、9月27日に心理検査を受けさせました。そのフィードバックは以下の通りです。
一回目 退院日(10/14) 本人と両親に前で検査結果はあまり心配ない程度です、と言われました 二回目 11月のある日(不明)本人のみが病院に行って心理検査の結果を聞いたそうです。「あまり心配ないんやて」と報告してくれました。
三回目 11月28日、父親(私)のみが病院に行って主治医と面談、この時動作IQが言語IQより2割ほど低く(5%以内なら障害はない)、広汎性発達障害の可能性があると言われました。また、11月のある日に本人のみが行った折、本人に「広汎性発達障害」という用語を使って説明 したと聞きました。
四回目 12月14日、ネットで心理検査のことを調べた父親(私)が再び病院に行って主治医に面談。目的は検査方式の名前と言語IQと動作IQの数字を開示してもらうことでした。しかし、検査 方式はウェクスラー式と教えてもらいましたが、数字はどうしても開示してもらえませんで した。
五回目 本年4月22日(退院日)。今度は本人が「昨年受けた心理検査の結果の詳しい説明が聞きたい」と言い出したせいか、やっと数字を開示してもらいました(父同席)。 言語IQは107、動作IQは87ということです。そして「発達障害の傾向はあるけれど、障害者というほどではなく、個性とみなせる程度というもの。ただ、周りの人の誤解を受けやすいところがある。空気が読めない」という趣旨の説明を受けました。本人は静かに聞いておりました。
さて、お聞きしたいことは以下のことです。
(1)心理テストの結果の説明は上記の通り、数字を含む結果を教えてもらったのはテストの半年   後です。しかも同じ病院に再入院するという”偶然の機会”があってのことです。私としては なぜ、もっと早い段階で数字をまじえた説明をしてくれなかったのかと思ったのですが。この主治医の心理テストのフィードバックは一般的なものなのでしょうか。
(2)「言語IQは107、動作IQは87」対する主治医の「発達障害の傾向はあるけれど・・・」という評価は「発達障害」として確定的なものと受け止めていいものでしょうか。たとえば、障害者福祉手帳の申請に使えるとか。しかし、ASPとかADHDとかLDとかの分類については言ってもらえなかったのですが。
投稿: 5 ヶ月 前.
カテゴリ: 自閉症・発達障害
専門家:  Tsukasa_Nekoyama 返答済み 5 ヶ月 前.

【情報リクエスト】

こんにちは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

(2)から回答いたしますが、言語性IQと動作性IQの乖離は、脳器質的問題がある場合に認められる所見と考えられており、必ずしも発達障害に特異的な所見ではありません。言語性IQと動作性IQの差だけで発達障害の診断が付くわけではないということです。

「主治医の『発達障害の傾向はあるけれど・・・』という評価は「発達障害」として確定的なもの」とは言えません。

(1)についてですが、一般的な対応とは言えないと思います。心理検査を行った場合、1~2週間で結果が出ますから、それをもとに、結果を見せながらフィードバックを行うことが一般的です。

心理・知能検査は発達障害の診断における補助的ツールに過ぎず、診断は、臨床症状を主な指標に下されるものであることを付言しておきます。

これで回答になっておりますでしょうか?

質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
29483;山様
早速ご回答くださり、誠にありがとうございます。「確定的なものではない」も「一般的なものとは言えない」は私もウスウス感じて
いたことでした。また「言語性IQと動作性IQの差だけで発達障害の診断が付くわけではないということです」も初めて知りました。
ところで、「臨床症状を主な指標」ということですが、これは普段の言動とか周囲の人間との関係などのことでしょうか。例えば、どんな
職についても長続きしないとか、コミュニケーションのトラブルをよく起こすとか、非常に頑迷で医師や親のいうことを聞かないとかいうことでしょうか。
専門家:  Tsukasa_Nekoyama 返答済み 5 ヶ月 前.

ご返信ありがとうございます。

広汎性発達障害は古い病名で、最新の国際的診断基準では「自閉症スペクトラム障害」に当てはまります。

スペクトラムとは緩徐に変化するというような意味で(虹の色がくっきりとわかれているのではないように)、「自閉症スペクトラム障害」は、正常と自閉症、また自閉症の亜型の中に、はっきりとした線引きが出来ないことを反映した疾患概念です。

「どんな職についても長続きしないとか、コミュニケーションのトラブルをよく起こすとか、非常に頑迷で医師や親のいうことを聞かないとかいうことでしょうか」――それもまた、発達障害の診断の補助的な材料ということになります。発達障害でなくとも、どんな職についても長続きしない人はいますよね。

原則、以下の診断基準を意識して診断が下されることになります。

A. 複数の状況で社会的コミュニケーションおよび対人的相互反応における持続的な欠陥があり、現時点または病歴によって、以下により明らかになる(以下の例は一例であり、網羅したものではない)。
(1)相互の対人的・情緒的関係の欠落で、例えば、対人的に異常な近づき方や通常の会話のやりとりのできないことといったものから、興味、情動、または感情を共有することの少なさ、社会的相互反応を開始したり応じたりすることができないことに及ぶ。
(2)対人的相互反応で非言語コミュニケーション行動を用いることの欠陥、例えば、まとまりの悪い言語的・非言語的コミュニケーションから、視線を合わせることと身振りの異常、または身振りの理解やその使用の欠陥、顔の表情や非言語的コミュニケーションの完全な欠陥に及ぶ。
(3)人間関係を発展させ、維持し、それを理解することの欠陥で、例えば、様々な社会的状況に合った行動に調整することの困難さから、想像上の遊びを他人と一緒にしたり友人を作ることの困難さ、または仲間に対する興味の欠如に及ぶ。

B.行動、興味、または活動の限定された反復的な様式で、現在または病歴によって、以下の少なくとも2つにより明らかになる(以下の例は一例であり、網羅したものではない)
(1)常同的または反復的な身体の運動、物の使用、または会話(例:おもちゃを一列に並べたり物を叩いたりするなどの単調な常同運動、反響言語、独特な言い回し)。
(2)同一性への固執、習慣へのかたくななこだわり、または言語的・非言語的な儀式的行動様式(例:小さな変化に対する極度の苦痛、移行することの困難さ、柔軟性に欠ける思考様式、儀式のようなあいさつの習慣、毎日同じ道順をたどったり、同じ食物を食べたりすることへの要求)
(3)強度または対象において異常なほど、きわめて限定され執着する興味(例:一般的ではない対象への強い愛着または没頭、過度に限定・固執した興味)
(4)感覚刺激に対する過敏さまたは鈍感さ、または環境の感覚的側面に対する並外れた興味(例:痛みや体温に無関心のように見える、特定の音、感覚に逆の反応をする、対象を過度に嗅いだり触れたりする、光または動きを見ることに熱中する)

C. 症状は発達早期に存在していなければならない(しかし社会的要求が能力の限界を超えるまで症状は明らかにならないかもしれないし、その後の生活で学んだ対応の仕方によって隠されている場合もある)。

D. その症状は、社会的、職業的、または他の重要な領域における現在の機能に臨床的に意味のある障害を引き起こしている。

E. これらの障害は、知的能力障害(知的発達症)または全般的発達遅延ではうまく説明できない。知的能力障害と自閉スペクトラム症はしばしば同時に起こり、自閉スペクトラム症と知的能力障害の併存の診断を下すためには、社会的コミュニケーションが全般的な発達の水準から期待されるものより下回っていなければならない。

https://h-navi.jp/column/article/175 より引用

以上、ご参考になれば幸いです。

Tsukasa_Nekoyamaをはじめその他名の自閉症・発達障害カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
29483;山様詳細なご回答ありがとうございます。そうですか、スペクトラムとは「はっきりした線引きができない」という意味を含んでいるのですね。
また診断基準をご紹介くださってありがとうございます。一回目と合わせ、大変満足のいくご回答をいただけたと思っております。