JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.morinoに今すぐ質問する
Dr.morino
Dr.morino, 精神科医
カテゴリ: 自閉症・発達障害
満足したユーザー: 739
経験:  鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
76003100
ここに 自閉症・発達障害 に関する質問を入力してください。
Dr.morinoがオンラインで質問受付中

新入社員として配属された部署で直属上司によるパワハラを1年4ヶ月間受けて出社拒否に陥り、うつ状態と診断。投薬(服用は

質問者の質問

新入社員として配属された部署で直属上司によるパワハラを1年4ヶ月間受けて出社拒否に陥り、うつ状態と診断。投薬(服用は本人の判断で1週間)、1週間(実質3日間)の休養で所属チームを移籍し、3ヵ月後、寛解との診断を得る。パワハラ加害者が次の定期異動でも同じ部署に居座り、業務上の関わりも維持、いやみ、睨みつけを繰り返す中、移籍先チームでの業務増大に追いつけず再び出社拒否。某クリニックでは本人の「嫌なことを避ける傾向」という表現の「性格」と「能力不足」による不適合と断言され、病名は存在しないが会社が困るだろうとの理屈で「適応障害、2ヶ月半の休養」と診断。会社は疾病による欠勤届を出すよう求め、提出。家族で分析の結果、パワハラによる反発感情を無理に抑圧したことにより、本人にも理解できないまま、本人の意思に反して、簡単な仕事でもミスしたり、ポカをしたりし、計画を立てればよいと頭では判っていても手が出ずどうしても計画できないなどの間接的手段を介して、パワハラ加害者や職場、会社への不満と反発を無意識に表現しようとしたためではなかろうかと推論。臨床心理士と医師がペアで診察するクリニックを探すもなかなか見つからず。効果があるなら投薬による対症療法、EMDRによる現在および未来の脅威に対する脱感作を根源的療法として希望。該当するクリニックがあればご紹介を。また、以上の素人の推論に対して助言を。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 自閉症・発達障害
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
初めまして。精神科・心療内科クリささニック院長の森野と申します。

質問の中に登場する新入社員さんは、相談者様のご家族の方ですか?

受診されたクリニックでは、嫌なことから逃げる性格要素と
能力不足が、原因の状態と診断されたようですが、
この診断は、不適切と思います。

出社拒否の原因は、ことの経緯をみる限り、パワハラにあると思います。
ですので、本人様の嫌なことから逃げる性格要素や能力不足は、
出社拒否の原因では、なく、パワハラにより、二次的に生じた状態と考えられます。
つまり、職場で、パワハラを受けたことにより、職場への不安感、不信感が本人様の中で生まれ、
職場に行きたくても、職場に行こうとすると「また、あのような嫌がらせを受けるのでは?」との思いが、
条件反射のように、浮かび、不安と恐怖から、出社出来なくなっているものと
思われ、仕事でのミスや効率の悪さは、パワハラを受けたことによる精神的負担の増大がおこり、
思考力の低下を引き起こしてしまったからと考えられ、
性格でも、能力不足でも、ないと思います。

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
1医師と心理士がペアで、治療している病院とは、病院に心理士が在籍している病院という意味ですか?

2EMDRを希望されていますが、EMDRは、学会名簿を調べれば、
EMDRを実施している病院を調べることが出来ます。

1と2両方兼ね備えた病院を相談者様は、希望ということでしょうか?
専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

EMDR治療が可能で、精神科医による診療と心理士によるEMDRも含めたカウンセリングを受けることが可能な診療所および病院について、記載します。

 

1:ひがメンタルクリニック

埼玉県さいたま市

EMDRを含めたカウンセリングは、医師の診察と並行し、併設の「けやき心理相談室」で受けることができます。

 

2:本多クリニック

兵庫県姫路市

医師の診察の上、医師の判断で、EMDRを含めたカウンセリングを受けることができます。

 

3:福田クリニック

茨城県つくば市

医師の診察と並行して、併設の「福田カウンセリングルーム」でEMDRを含むカウンセリングを受けることができます。

 

4:こころとからだの光の花クリニック

東京都杉並区

医師の診療と並行し、EMDRを含めたカウンセリングを受けることができます。

 

5:神戸大学病院 精神科

医師の診察の上、必要と判断された場合に、EMDRを含めたカウンセリングを受けることができます。

 

すべて、EMDRおよびカウンセリングは、保険診療外です。

 

 

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

お返事が、なかなか、もらえませんでしたので、

御質問に対し、こちらで解釈し、回答させていただきましたが、

質問と意図と違っていた場合は、返信ください。

また、他に追加で聞きたいことなどある場合も返信ください。

 

特に、ない場合は、今回の回答が参考になったかどうかの評価判定をお願いします。

質問者: 返答済み 3 年 前.

質問者(本人の父親)です。丁寧な回答を頂きありがとうございました。返信が遅れて申し訳ありません。回答に記載の内容は、当方が予想していた通りのものでした。既に会社に提出済みの診断書とそれを根拠とする疾病による欠勤届と対立する内容となりますので、その判断と処方について正確を期したいと考えます。そこで、当時の様子を本人の言葉と表現で補足説明しようと準備していたのですが、当時のことをよく思い出せない、記憶が抜けているように思う、とのことです。申し訳ありませんが、もう少し時間を頂ければ幸いです。


 


なお、本人および質問者が現段階でお聞きしたいと考えているのは、(1)判断の根拠は何か(医師なら誰でも同じ判断が出るのか、もしそうならなぜ今回受診した医師はそのように判断しなかったのか)、(2)不安と恐怖および精神的負担からどのようなメカニズムで思考力が低下したのか(当時はセロトニン・ノルアドレナリン再取り込みによる神経細胞間の伝達阻害とのことで投薬のみ実施)、(3)当時の服用量が不足だった可能性(既に塑性化してしまっていて、今後の服用の効果が薄いということはないか)、(4)EMDRの効果は如何、です。


 


また、EMDRを含むクリニックを複数ご紹介頂き、誠にありがとうございました。本人が申しているのですが、森野さんに診断して頂くことはできないのでしょうか。当方は関東(東京および茨城)在住です。付添いの上司他と伺える距離でしたら、ぜひお願いいたしたいと申しております。

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
お返事ありがとうございます。

ご本人様からのお話は、いくらでも、待ちます。
今は、自分に、これ以上のストレスがかからないように、自分の身を守るために、
自分の身に起きた出来事を曖昧にするという自己防御反応が起こり、思い出せない状態にあるようですので、無理には、思い出していただかない方が良いですから。

さて、追加の質問に回答します。

1
私の診断の根拠は、まず、職場でのパワハラという精神的ストレスとなりうる出来事があり、
その出来事の後から、症状がでていること。
出社拒否という自分をストレスから守る自己防御反応を認めること。
この2点を根拠に、息子様の症状は、パワハラによるものと判断しました。

受診されたクリニックでは、診断が違っていたことについては、
精神科は、患者さんの話を聞いて、診断を行う診療科のため、
医師によって、診断が違ってくることは多いです。
つまり、内科などと違い客観的に病気を診断できる検査がないため、
医師の技量が適切な診断、適切な治療を決定づけます。
受診されたクリニックの先生が、どのような方かは、存じあげませんが、
質問に書かれている内容から推測すると、患者さんの話を十分に聞かれないタイプの方かなと感じ、
患者さんの話を十分に聞かれないため、適切な診断も治療も出来ていなかったかと思います。

2
精神的ストレスがかかると、脳の神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンの分泌が低下し、脳内での情報伝達が、上手くいかなくなります。
結果、自分では、そのつもりはないのに、ミスしたり、記憶が曖昧になったり、しないといけないと手順は、分かっているのに、できないといったことが起こります。
こういった症状を、精神科では、思考力低下状態と診断します。

3
当初、うつ状態との診断ですので、
恐らく、処方された薬は、抗うつ剤ではなかったかと思いますが、
抗うつ剤は、1週間の服用では、効果を発揮しません。
基本的に2週間から4週間服用し、効果を発揮する薬です。
ですので、投薬が1週間だけであったのであれば、完全に、治療不足で、
治癒していないのに、職場復帰をしたことで、再発したと思われます。

当初に受けられた投薬治療は、不完全な治療ですが、今後に影響することは、ありません。
今からでも、適切な治療を受けられれば、治癒します。

4
EMDRは、最近、メディアでも取り上げられたことで、かなり問い合わせの多い治療法です。
本人様への負担が少なく、特に、PTSDには、効果を発揮します。
今回、事の原因は、パワハラですので、PTSD要素があります。
ですので、EMDRは、効果があると思います。



私の診断を受けたいとの申し出、誠に、有り難く思いますが、
サイトの規定で、相談者様の誘導は、禁止されています。
ですので、せっかくの申し出ですが、私の診療所に来院して頂き、
診療を行うことは、出来ません。

申し訳ありません。

質問者: 返答済み 3 年 前.

森野様への応答文


森野様には、大変お世話になっております。返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。
先日来、本人の詳しい職務状況をまとめた上でお知らせするとお話ししたまま、長らくお時間をいただいてしまいました。
 本日に至るまで、本人の職場およびその他本人がこれまで体験してきたことをまとめてまいりました。過去を思い返すことにネガティブとなっていたこともあり、このような時期の返信となってしまいましたことを、ご容赦下さいませ。森野様の判断材料となりそうな事例ということで、下記に挙げております。お目通しいただいた上で、再度ご意見を伺えればと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。(相談者本人)


<今回に至るまでの経緯>
私はこれまで、3人の上司を経験してきました。そのうち、最初の上司(H23.7~H24.10)がパワハラ上司であり、後述のようなパワハラを受けました。二人目の上司(H24.10~H25.7)は全く圧力がなく放任主義の人で、三人目の上司(H25.7~)はパワハラではありませんが、上昇志向の強いキャリアウーマンです。
① 入社当初は、社会人一年生である意識を強く感じ、多くを吸収しようとする態度で仕事に臨んでいましたが、最初の上司から叱責やパワハラを受け続けるうちに意欲が低下し、出勤前に吐き気を催したり、集中力の欠如から業務中にケアレスミスが続出し、帰宅時には電車内で塞ぎ込んで最寄駅を乗り過ごしたり、深夜帰宅時の過食により体重が増加したりしており、業務に必要な資格である宅建試験に不合格(H24.10)したことから、限界を感じて会社に体調不良を訴え、近隣メンタルクリニックにて抑うつ状態と診断されました。
② その後、会社側の配慮で上司が交代し、業務も減少したことから、なんとか仕事に向かうことができておりました。同時並行で、社内では懲罰委員会が開かれ、最初の上司とその更に上席の管理職が懲戒譴責、戒告をそれぞれ言い渡されました。しかし処罰が下された後も、同室に最初の上司が在籍する状態が続き、顔を合わせるたびに睨まれ、ストレスを感じる日々が続きました。
③ さらにその後、昨年7月より新体制発足により再度上司が交代し、業務量も増えた結果、作業が追い付かなくなり、ミスも増加したことから、メンタルクリニックにて受診することとなり、単なる適応障害と診断されました。(平成26年1月8日)


<最初の上司に行われたパワハラの事例>
【初期の事例】
 配属直後、会議にて話題に出してはいけない当該案件の工事費を私が口走り、上司に叱責された件について
工事金額に関することはテナントには非公開であり、工事費をもう少し下げて欲しいなど、事業主である当社からゼネコンに対して要求を行うときは、テナントのいないところで行うのが一般的です。なぜなら、工事費が下がることをテナントが知れば、当社に対して支払う賃料を減額したいという要求を申し出てくるかもしれないからです。当時の私は、会議直前に、工事費の減額交渉をゼネコンとするよう別の先輩から依頼されており、その依頼を遂行するため、テナントの前で始めたため、上司に制止され、会議後呼び出されて叱責されました。
上司「依頼されたとはいえ考えればわかるだろう、馬鹿なのか。これで賃料値下げ要望が来たら全てお前のせいだ。」
これに対し、配属直後でそれぞれの立場が全く判っておらず、教えてもらう時間もなかったにもかかわらず、全て自分のせいであるとされたことに強く反発を感じましたが、謝罪するのみでした。
 交渉に慣れていないことについて
配属してしばらく経ち、私が金額交渉に慣れていないことが上司に判り、家電製品を購入する際に値下げ交渉をするのは当然である、という話が持ち上がり、私にはその経験がなかったため唖然とされたことがありました。
上司「電機屋で商品を値切ったことはないなど、世間知らずにもほどがある。なぜこんなやつが俺の部下なんだ」
 コネで入ったのではないのか
 業務の要領が悪いため、コネでの入社を疑われていました。当然そのようなことはなく、制度的にもあり得ないのですが、しつこく追及されたことがあります。その際、上司だけでなく先輩社員からも同様に言われています。
 上司「コネで入社したのだろう、正直に言え」
 先輩「本当にそうなら、いま言ってしまったほうがいい」
【その後繰り返された言葉を箇条書きにて記す】
 お前は給料泥棒だ
 能力がないのはもうわかった
 馬鹿なんじゃないか
 頼むから自分の口から辞めると言ってくれないか
 仕事で一緒に歩く俺の身にもなれ
 お前の上司で恥ずかしい思いをしている
 嘘ついて食って寝て最低な人生を送ってきたんだな
 このくそデブが
 俺をなめてんのかてめーは
 過去に辞めていった社員とそっくりだ
 こんなミスをして、お前大丈夫か、病気なんじゃねえか
 他の補佐ならいざ知らず、俺のもとなら他よりできなくては困る
 嘘をつき、自己管理できないため、デブと体育会系は採用してはならない、と放言
 就業時間中に会社近所の書店に行かされ、パワハラ必要論を唱える書籍を読まされる
伊集院静著「続 大人の流儀」
 他社の新入社員が鬱になり自殺した話を聞き、下記のように言われる。
「お前はそれに比べて恵まれている。ありがたく思え」


<3人目の上司に言われた言葉について>
 あんたは必ず間違える
 スケジュール管理、なぜできない。性格なのか、バカなのか、バカではないと思っているが
 やらなくてはいけない仕事に対してなぜ向き合わない、なぜ隠す、なぜ嘘をつく
 自分で考え行動しなくてはならないのが当社の総合職。自分も転職組だが、ルーティン作業が向いているのか、転職するのか、自分で判断をすべき。(退職勧告のような口調では全くない)
 指示待ちをするのであれば、そのように扱うが、それではアルバイトであり、給料と見合わない。その旨を上司に報告する。
 なにも考えずに肯定するな。そうですねぇ(口癖)は使うな
 はいじゃない、うんじゃない。考えろ
 うちのボスは使えない人間はばっさり切り捨てる人だ
 私の経歴の邪魔をしないでほしい



<取り組めなかった・こなせなかった業務の事例>
 宅地建物取引主任者試験について
 私の会社では、不動産業を取り扱っているため、全従業員の1/5の割合で宅建の資格を保有しなければなりません。特に、不動産部門にいる者については、資格を取ることを強く求められます。採用をされた時点で、資格試験を受けることを言い渡され、毎年1回、10月に行われる試験を受けてきましたが、結果は以下のようになりました。
1年目35点→2年目28点→3年目22点(満点は50点、合格点は34~36点)
 年賀状
 具体的な業務になりますが、昨年暮れに、上司からの指示で関係先3か所に年賀状を送ることになりました。その他の業務もあったため、12月30日まで作成業務に手をつけておらず、30日になって送付する住所・郵便番号・年賀状作成の方法を把握し、作成しましたが、そこには相手先の郵便番号・役職・名前しか記載されておらず、相手先の住所が記載されていませんでした。さらに、完成した(と思い込んでいる)年賀状を郵便ポストに投函することも忘れており、年明けに机の上に置かれたままの状態であることに気付きました。
当然、年賀状に宛先が必要であることは常識であり、私もその知識は持っていましたが、私は住所の書き忘れに気付かず、見直しをしたにもかかわらず住所が抜けていることに気が付きませんでした。私の上司である課長は、この一件を目の当たりにして、私が正常ではないと強く感じ、診断書に従って3月末までの休養を勧めてきました。
 回覧物の溜めこみ
 社内資料を他部署に回覧する業務がありまして、それを先送りにしていたことが発覚し、上司より回覧するよう指示を受けましたが、配属直後に私に対してパワハラを行った最初の上司に直接回覧をしなければならず、忌避してさらに先送りしていたところ、再度回覧していないことが発覚して問題となりました。(昨年11月のことです)
 業務の後回し
   こなさなくてはならない業務がいくつもありまして、それぞれに締切がありましたが、なかなか作業が進まず、どんどん溜まっていきました。そのうち、締切を確認するのが嫌になり、手近な取り組み易い業務をその場しのぎで着手していきました。
   その結果、締切に間に合わない業務が続出したことから、上司の提案により、上司と共に現在の業務を全て書き出し、締切を確認し、どこから手をつけるか優先順位を決めることについて、上司と一緒に毎週確認をする、ということになりました(昨年の11月からです)。その際、スケジュール管理は仕事における初歩中の初歩であり、1年目でもできることであると叱責を受けました。
   その時点ですでに自分で業務に意欲的に取り組むことはできず、自分の情けなさを
痛感し、無気力状態となっていきました。


<就職までにこなせなかった業務の事例>※参考までに
 大学受験時の文章読解障害
日本語や英語の文章を読み説く際に、試験時間が限られて余裕がないことはわかっているにも関わらず、出題者が何を主張したいのか、読み説けないことがありました。
英文にしても、単語の意味はわかるのですが、全体の文章の構造を追うことができず、何度も読み返してしまうため、別の問題を先に解いたり、背伸びをして時間をあけて再度取り組むなどの工夫をしていました。


<現在の生活状況>
 周囲の目を気にして生活
   仕事柄、自宅周辺に会社の出張所があり、社内の同じ部署の人間に出会う可能性が
  あり、休職している事実を知っている人に説明を求められる恐れがあるため、周囲を
気にして外出をしています。
 眼球運動ができる
EMDRの存在を知ってから、今月半ばに自分で眼球を上下左右に動かしてみたところ、吐き気がして速く大きく動かせませんでしたが、現在は吐き気なくできます。
 真相を突き止めたい
最近まで、過去3年間の職場での様子を思い出すことに苦痛を感じていましたが、現在では問題追求に意欲的に取り組めており、長い文章をまとめることもできるようになりました。



 以上となります。森野様からのお返事をいただくことができましたら、ご紹介いただいたお医者様の診察および臨床心理士のカウンセリングを受け、相談のうえEMDRについても試してみようと考えております。お手数をおかけして大変恐縮ですが、どうぞよろしくお願い致します。


 

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.
思い出すのも苦痛な出来事を詳細に書いていただき、ありがとうございします。

私の意見は、物忘れやミス、仕事のスケジュールを立てることが出来ないなどの
状態は、やはり、上司の方から受けたパワハラが原因による「うつ病およびPTSD」と考えます。

出勤前の吐き気は、職場に対して精神的ストレスを感じている場合の
典型的症状です。

一旦、休職された後、職場復帰しておられ、
上司は、交代になったものの、同一空間に元上司がいるという悪環境があります。
これでは、精神的ストレスが改善される訳はなく、
上司の方は、処罰を受けておられますので、余計に、相談者様に対し、
見えないストレスを相談者様に与え続けられた事と思います。
このような職場環境での職場復帰ですので、
当然、相談者様の精神的ストレスが緩和するはずなく、
病気は、ひそかに、悪化していったものと思われます。

その証拠に、相談者様が受けた試験結果が、年年、点数が低下しています。
これは、上司交代で、問題が解決、病気が改善したと
出来ない所見であり、病気は、進行し、特に、思考力の低下を悪化させて
いっていたと考えられます。

職場の新体制により、再度、上司交代となった後は、
再び、上司によるパワハラが行われています。

年賀状の住所の記載忘れ、出し忘れ。
仕事のスケジュールを立てることが出来ない。
これらは、思考力の低下が、さらに、悪化し、思考停止状態に陥っていたと考えられます。

ですので、クリニックの医師が診断した性格の問題、能力の問題という診断は、
不適切な診断です。
間違いなく、相談者様の現状には、上司のパワハラと職場環境の悪さが関係しています。
診断は、うつ病および上司パワハラによるPTSDと私は、考えます。


このような回答で、よろしかったでしょうか?
ご不明な点や、他に聞きたい事ありましたら、返信下さい。

Dr.morinoをはじめその他名の自閉症・発達障害カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


森野様の貴重なご意見をいただくことができ、大変助かりました。


今後は、診断を経て回復に努めたいと思います。


御礼申し上げます。


お忙しい中ご回答いただきまして、ありがとうございました。

専門家:  Dr.morino 返答済み 3 年 前.

ご丁寧な、お返事ありがとうございます。

 

また、何かありましたら、相談ください。

 

自閉症・発達障害 についての関連する質問