JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Tsukasa_Nekoyamaに今すぐ質問する
Tsukasa_Nekoyama
Tsukasa_Nekoyama, 精神科医 兼 神経内科医
カテゴリ: 自閉症・発達障害
満足したユーザー: 14344
経験:  大学病院在籍時、児童・思春期外来を担当。
61645565
ここに 自閉症・発達障害 に関する質問を入力してください。
Tsukasa_Nekoyamaがオンラインで質問受付中

初めて相談させていただきます。よろしくお願いします。 私は大学卒業後公務員をしている26歳です。高校生の頃から、自分がADD不注意型ではないかと思ってきました。今までは若いのと、

質問者の質問

初めて相談させていただきます。よろしくお願いします。
私は大学卒業後公務員をしている26歳です。高校生の頃から、自分がADD不注意型ではないかと思ってきました。今までは若いのと、回りがおおらかで、呆れられながらもフォローしてくれる人びとだったので何とかなっていましたが、最近部署が異動になり、周囲の目が大変厳しくなってきたため悩んでいます。
症状
・上司の話を聞いているはずなのに、気がついたら意識が飛んでいる
・文章を書いていたり、デスクワークをしている途中で、 ふと自分が何をやっていたか思い出せなくなる
・単純な計算式を使った帳簿の作成や、名簿の作成で、何度も確認しているにも関わらずミスだらけだと指摘される
・複数の仕事を振られると、パニックになり、やることをメモにとったはずなのになにかを槍損ねてしまう
・質問されたこととピントのずれた回答をしてしまう、相手の知りたい回答がとっさにわからず、相手の言葉で連想された自分が話したいことを口走ってしまう(相手が怪訝な顔をするので、後々思い返してそれに気がつく)
・急いでやらなければならないことを、後回しにしてしまう
・急かされるとパニックになり、手が進まなくなる
等です。
チロシンのサプリメントを飲んでみたところ、数日は 集中力が増して症状がよくなった気がしましたが、1週間飲み続けると効き目がうすくなりました。又は
また、このような薬を常用してもいいかも不安です。
どうにか周囲に迷惑をかけず、良好な関係を気づきたいので、アドバイスをいただけると幸いです。よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 自閉症・発達障害
専門家:  Tsukasa_Nekoyama 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

チロシンのサプリメントに関しては、服用してもしなくても、大きな効果も、副作用も無いと思います。

相談者様がADDの診断基準を見たアされる方だとした場合であっても、その重症度や適応能力にはかなりの個人差がありますから、「周囲に迷惑をかけず、良好な関係を」築くための助言を、相談者様を実際に診察することなくして差し上げることは困難です。

専門の医療機関を受診されることは考えられていませんか?



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきま す】
質問者: 返答済み 4 年 前.


さっそくお返事いただいてありがとうございます。


医療機関を受診することも考えたことはあります。ただ、ADDの診断には親にも話を聞く必要があると聞きました。うちの親は、「あなたよりバカな人はいっぱいるし、あなたがADDなら弟(私の)はもっとADDだ」と言って、あまり聞いてくれません。一人でも受診できるのでしょうか?

専門家:  Tsukasa_Nekoyama 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。
仰る通りで、診断にはご本人の記憶に無い、幼少時の様子などの情報が必要ですので、親御さんの同伴受診が望ましいことは確かです。

ただ、全ての当事者様のご家族が協力的であるというわけではありませんから(特に成人例の場合)、当事者様ご本人のみの受診もやむを得ない場合も少なくありません。

ADDを含む発達障害は、近年になって急速に疾患としての認知度が高まり、これまで診断がついていなかった患者様が数多く「日の目を見る」ようになりました。
一方で、相談者様のご両親くらいの年代の方にとっては、疾患概念そのもののご理解が難しい場合もございます。

発達障害を適切に診療できる精神科医の数も「急激に増えた(これまでは障害であると見做されていなかった)」当事者様の数に追いついていないのが現状です。

まず発達障害を診られる病院についての情報を得るために、発達障害情報・支援センターにご相談されることをお勧め致します。これは、政府が発達障害の現状を改善するために、国策として開設したセンターです。
相談者がお住まいの地域の拠点病院を教えてもらうことができます。こちらで、ご両親の協力が得られないことも含めて相談されてみることをお勧めいたします。

【発達障害情報・支援センター】
http://www.rehab.go.jp/ddis/

以上、ご参考になれば幸いです。

自閉症・発達障害 についての関連する質問