JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fukuma.showに今すぐ質問する
fukuma.show
fukuma.show,
カテゴリ: 自閉症・発達障害
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 自閉症・発達障害 に関する質問を入力してください。
fukuma.showがオンラインで質問受付中

前略 つきあっている男性との交際で悩んでいます。 相手は50歳、私は46歳で、結婚について話が出ていますが、彼は

質問者の質問

前略
つきあっている男性との交際で悩んでいます。
相手は50歳、私は46歳で、結婚について話が出ていますが、彼はアスペルガー症候群ではないかと思っています。色々サイトを見て、項目で非常に多くが該当します。一方で、まるで当てはまらない項目もあるようです。この症候群の傾向を見て、今まで理解できなか った相手の問題が、急に解けたような気持ちになりました。私自身についてというと共感性依存症的傾向があり、正反対の気質を持っているだけに、私は生活を一緒にしていくことに不安を抱いています。相手は苦しむことはないけれど、私自身が非常に悩む生活を送るのではないかということです。年齢が年齢なので、ここまで日常生活を過ごせているのだから、対処法を知っていれば、うまく生活していけるような気もしているのですが、不安を感じています(相手は結婚したことがありますが、半年ほどで破綻。私は結婚経験はありません)。
 非常に抽象的な質問で、また、相手がアスペルガー症候群、私が共感性依存症というのも、多分、その傾向が強いというレベルのようにも思うのですが、ただ、そういう傾向を持つ人間同士の関係は破綻するようにも感じて、結婚そのものをどう考えるべきかと思っています。

相手が、アスペルガー症候群ではないかと思い始めたのは、この数ヶ月間の、
あるトラブルが原因です。相手の心の問題について非常に深く話し合うことがありました。かなりの時間を費やしていて、相手の本音をそのまま聞いて今まで、見えなかった性格を知るようになりました。その結果、それまでに思っていた事実(彼の言動の意味)には思い違いが多くありました。結果、私自身がひどく傷つき、また彼の性格についていけないものも感じていたところ、ある映画からアスペルガー症候群を知り、彼との共通項に気づきました。

私が相手をアスペルガー症候群ではないかと感じた項目のうち、私が辛く感じる項目例は以下の点です。
●言葉をその通りにしか理解できない。ただし、こうされると、こんな風に感じると何度も言えば学習するが、応用はきかない。
●相手にどう思われるかを考えたことがない。
●会社、または知人関係からは変わっていると思われており、上司からは年齢相応の組織的学習をして来なかったと云われた。自分自身でも、学生時代からずっと変わっていると言われ続けたと言っている。
●自分のペースで話し、一方的に感じる。話すトーンは平坦である。
●事実はそのまま事実として考える。後悔はしないが、過去から心理的な学習をしない。また、事実だからありのまま伝えるという理屈。事実によって、自分自身は傷つくことはない(私が普通であれば云えないと思うような内容も、全く平坦に受け止める)。また、相手がそれによって、どう思うかが想像できない。
●自分中心で、相手を思いはかる行動をとれない。年齢的に考えると余計、不思議にすら思える。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 自閉症・発達障害
専門家:  Tsukasa_Nekoyama 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

アスペルガー症候群を含む自閉症の疾患群は、ここからここまでが○病でこちらからは□病、というような明確な線引きが出来ないこと、また、自閉症と正常との間にも明確な線引きが出来ないことから、近年では正常から重度の自閉症までを連続したものとみなす「自閉症スペクトラム障害」という考え方が主流になっています。
その意味では、ご賢察の通り、相談者様が交際されている男性が、アスペルガー症候群の診断基準を満たしていなくても、その傾向を強くもつ方である可能性は高いように思います。

治る病気ではありませんので、慣れていくしかありません。
しかし、ごく最近になってこの病気の性質を知り、その男性とも話し合いを始められた段階で、結婚をお考えになるのは時期尚早ではないでしょうか。

結婚のお話は一時的にペンディングにし、半年なり1年間なり、十分にお時間をとって考えられる期間を設けられることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
前略
ご返信いただきありがとうございました。
質問の仕方が悪かったのかもしれないのですが、当サイトから得られると予想していた回 答とイメージがかけ離れていました。
大変申し訳ないながら、「傾向を強くもつ相手である」「もう少し交際を」という回答は私自身、或は一般的な感想としての意見を超えないように思えるのです。
理由は、私からの情報で(専門家としての意見を述べるには診察に比べて非常に少ないと思うのですが。会話だと5分程度の話の内容)こうした結果を導きだすことに問題はないのでしょうか?
仮に十分だったとして、どういう部分から、どういう理屈、根拠によりこのように分析されたのでしょうか。また、共依存症的傾向を持つ者との人間関係はどうなのでしょうか。こちらは、医学的な症状とは云えないので専門家としての診断は難しいのでしょうか?

メールとこの方式でのやりとりでは難しいようであれば、そのように回答ください。
これにて中止したく思っております。
ストレートな物言いで大変申し訳ありませんが、宜しくお願いします。
専門家:  fukuma.show 返答済み 5 年 前.

共依存症的傾向などという病名は無いので、医学的判断は難しいでしょうね。

 

専門家に一定の時間を使わせたいのであれば、それなりの額を提示されるべきでしょう。実際に受診して5分間診療を受けても、あなたが提示した額くらいの売り上げはあがる。

ここの専門家はボランティアでやってるわけじゃないので、その辺りはシビアですよ。

 

ずいぶんと頭でっかちな方のようですが、アスペルガーよりも共依存症的傾向とやらよりも、そちらが結婚生活の障壁にならないことを祈っております。

 

この質問内容ですと、臨床心理士が開業しているカウンセリングセンターに行かれた方がよろしいかと思いますよ。1時間1万円くらいでカウンセリングが受けられます。

自閉症・発達障害 についての関連する質問