JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t8toshioに今すぐ質問する
t8toshio
t8toshio, 税理士
カテゴリ: 会計(監査、経理、財務)
満足したユーザー: 168
経験:  税理士
62805737
ここに 会計(監査、経理、財務) に関する質問を入力してください。
t8toshioがオンラインで質問受付中

資本性借入金についてお尋ねします。私が経営する会社は私が資本金990万円全額を出資して役員が私一人の株式会社です。会

質問者の質問

資本性借入金についてお尋ねします。私が経営する会社は私が資本金990万円全額を出資して役員が私一人の株式会社です。会社は代表者の私から借入をしています。従前それにつき長期借入金として貸借対照表に載せていましたが、それにつき、資本性借入金として純資産の部に載せることはできませんでしょうか。できる場合の手続き方法や注意点等をご教示頂きたくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 会計(監査、経理、財務)
専門家:  t8toshio 返答済み 3 年 前.
お世話になります。早速質問に回答させていただきます。

DESという方法があります。DESとは、Debt Equity Swapの略で、借入金を資本金に振り替えるという方法です。この方法で、長期借入金を資本金に振り替えることができます。

(手続き)
司法書士に依頼するか、自分で法務局に行き手続きをします。法務局に行けばやり方を教えてくれますので、自信がなければ費用がかかりますが、司法書士に依頼する方法があります。
登記完了後に税務署と都税事務所(東京都でなければ、県税事務所、市民税事務所など)に届出を提出します。
登記完了後に下記の仕訳を行い完了です。
長期借入金 ** // 資本金 **

(注意点)
資本金が1000万円超になると法人住民税の均等割(赤字でも支払う税金)が増加します。

以上 ご参考になれば幸いです。宜しくお願いいたします。

質問者: 返答済み 3 年 前.

お返事ありがとうございます。登記が必要とのこと、ご提示の仕分けですと増資と同じですね。資本金以外の純資産に振り替えて、資本金千万円以内に抑える方法はありませんでしょうか。お手数ですが再度お返事頂ければ幸いです。

専門家:  t8toshio 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。増資するときに、1/2を資本準備金とすることができますが、1/2は資本金としなければなりません。残念ながら、増資以外で純資産に振り替えることはできません。会社が黒字になり、借入金を返済して、繰越利益が増加すれば、純資産に振り替えることができますが、本件の質問主旨とは異なります。宜しくお願いいたします。

t8toshioをはじめその他名の会計(監査、経理、財務)カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

 昨日はご回答ありがとうございました。資本金千万円以内の特例を活かしつつ財務指標を良くするために自己資本を増やしたいならば、会社設立時に資本金千万円と資本準備金千万円とに分けて、出資額2千万円の会社を作るべきだったということになりますでしょうか。


 


 そうだとすると、今更そのような会社にしようと思ったら、一度大幅に減資してその後増資するという、現実性が低い方法しかありませんでしょうか。


 


 質問が拡張して恐縮ですが、ご教示頂ければ幸いです。


 


 

専門家:  t8toshio 返答済み 3 年 前.
ご回答ありがとうございます。

法人住民税の均等割りは、資本金でなく資本金等で判定されるため、2000万円(資本金+資本準備金)で判定され、7万円でなく18万円となってしまいます。誤解のある表現で失礼しました。前述した資本金を資本金等に修正されてください。
ちなみに外形標準課税という税金は、資本金1億円超かどうかで課税対象になります。

減資にも、無償減資と有償減資があります。お金の払い戻しがあるかどうかという分け方です。欠損の補てんなどの無償減資の場合には、資本金等が変わらないために均等割りが減ることはありません。有償減資の場合には、資本金等が減るため均等割りを減らすことができますが、会社のお金を株主に返金するということになり、本件のように借入が多いという場合には、会社にその返金する資金がないと考えます。

上記、考慮すると、資本金千万円以内の特例を活かしつつ財務指標を良くするために自己資本を増やしたいならば、会社を黒字にして借入金を減らすしか方法がないと考えます。

以上 宜しくお願いいたします。

会計(監査、経理、財務) についての関連する質問