JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月に登録抹消
カテゴリ: 会計(監査、経理、財務)
満足したユーザー: 271
経験:  大手監査法人勤務経験あり
69318065
ここに 会計(監査、経理、財務) に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

自分で車を購入し、高速代とガソリン代を会社のカードで利用するの続きです。 勿論、減価償却代は、会社に請求できないこ

解決済みの質問:

自分で車を購入し、高速代とガソリン代を会社のカードで利用するの続きです。
勿論、減価償却代は、会社に請求できないこと理解しました。更に、強制保険、任意保険も会社に請求しませんが、消耗品であるタイヤは、消耗した際に会社に請求できますか? さらに、エンジンオイウ代など。細かい話ですが、ご相談させて下さい。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 会計(監査、経理、財務)
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

 

せっかくご指名いただいたのに、回答が遅くなり…すみません。

 

で、回答ですが、もちろんですよ。

ガソリンも含めてようは消耗品関係(?)はすべて請求できます。

水代?(正式な名前がちょっと出てこないのですが)等ももちろんです。

 

 

ただ、せっかくですので、詳細に説明させていただきますと、

「私用」にあたる部分の消費を会社からもらってしまうと、厳密にいえば、会社では、「給料手当」にあたります。

 

 

つまり、ひとまずガソリン代をすべてもらっているということで考えますと、

①会社の営業用のガソリン代→販売費の交通費

②家から会社までのガソリン代→旅費交通費(通勤用の交通費として処理ということですね)

③完全なプライベート→給与(ようは人件費)

ということになります。

 

というわけですので、③を除いて、①②を請求するのは、税法上も、その他の法律上も、会計上も、税務上も、なにも問題なし、

なお①②は会社の中で会計上きちんと区分できて会計処理されていることが望ましいですが、区分できていなくても税務上問題というわけではありませんので、まあ問題ないという結論になります。

 

で、③を含めて請求してしまった場合、

請求して受け取ること自体は、こちらには法的には問題なし。

 

ただし、会社としては、厳密にいえば、それを人件費にいれて所得税がかかるようにしておかなくては、税務上の問題が生じるということにはなります(少し違いますが現物給付の給料のようなものですね)。

(会計上、税法上、税務上の問題があるということです。)

が、実際上、ここまでこまかく所得税を課税するわけではありません(本当に現物給付の給料ならさておき)、

いわば重要性の原則とでもいえばいいのでしょうか。

 

つまり、請求して会社側がプライベート部分は給与所得だから区分して会計処理と税務処理するよ、と言ってきたら、確かにそうすべきなので仕方ないということになりますが、

会社側が言ってこなければ、こちらでわざわざそれを指摘しなくても、問題はありません。

 

ちょっとややこしくなってしまってすみませんが、

簡単にまとめますと、請求して受領することはもちろんできるということです。

 

なお、①②のみ請求する場合には、①②③の走行距離で按分して③を除くということになるかと。

ちょっと面倒ですから、会社としても、①②③を請求されても③をわざわざ区分しようとは思わないでしょうね。

私用の走行であるということは、事実上会社や税務署には証明できませんし。

 

回答の中で不明な点については、

恐れ入りますが、返信機能をつかっていただけますか。

自分でも詳細にしようとしたら回答がくどくなってわかりにくくなってしまいましたので、

補足させていただきますので。

mezasesakurasakuをはじめその他名の会計(監査、経理、財務)カテゴリの専門家が質問受付中

会計(監査、経理、財務) についての関連する質問