JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月に登録抹消
カテゴリ: 会計(監査、経理、財務)
満足したユーザー: 271
経験:  大手監査法人勤務経験あり
69318065
ここに 会計(監査、経理、財務) に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

個人事業主のイラストレーターです。売上計上についての質問です。納品月に売掛金を計上するにあたって、請求書

解決済みの質問:

個人事業主のイラストレーターです。 売上計上についての質問です。 納品月に売掛金を計上するにあたって、請求書(兼納品書)を発行したいと思っておりますが、取引先(特に出版社など)によっては、請求書を受け付けていなかったり(その他の書類もなし、契約・納品に関して残っているのはメールのやり取りと発行物のみ)、 振り込まれるまで正確な金額が確定しなかったりします。 この場合、見込み額で売掛金計上・振り込まれたタイミングで修正 が良いのでしょうか。 年度末はズレが生じてしまいそうですが・・


また、開業前納品の稿料が開業後に振り込まれた場合の処理方法も教えて頂けないでしょうか。


 


どうかよろしくお願いします。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 会計(監査、経理、財務)
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

はじめまして、公認会計士をしております。

 

 

年度末はずれが生じますが、

会計上も、さらに税務上も、

出荷や納品時(今回ですとニアリーイコール請求書発行の時となるかと思いますが)に、

見積もりであっても、売上を計上すべきとなっています。

ですので、ズレは致し方ない、ということなりますね。

借 売掛金 ××円  / 貸 売上 ××円

として、見積額で計上してください。

で、確定した際に、

借 売上  ××  / 貸 売掛金 ××

として、確定額に、修正してください。

(上の場合は、見積よりも確定額が低かったケースですね)

この間に期(ようは12月末ですが)をはさんでしまった場合であっても、同様です。

会計上も税務上もしかたがないということになっています。

 

 

次に、開業前の納品の場合ですと、

会計上は厳密にいえば、過年度の決算書を作り、過年度遡及会計を適用して、過年度の決算書を修正ということになるのですが…

そこまでするのは大変ですから、よほど多額(つまり重要性が高い)でない限り、振り込まれた事業年度の売上計上と預金増加の仕訳で問題ありません。

税務上もイレギュラーで仕方のないこととして、開業後の事業年度の所得として、申告すれば問題ないと思います。

こちらも厳密にいえば、その前の年の所得として見積計上しておかなくてはなりませんが、過年度の所得を後から申告しますと、滞納税がかかってしまって大変ですから、初年度のみの例外的処置として重要性も考慮の上、開業後の事業年度の収益(売上)に会計上計上し、そして、税務上も所得として申告しています、という建前にすればよいかと思います。

 

 

回答は以上なのですが、

不明な点、

追加でききたい点等ございましたら、

返信機能を使って遠慮なく追加でご質問くださいね。

mezasesakurasakuをはじめその他名の会計(監査、経理、財務)カテゴリの専門家が質問受付中

会計(監査、経理、財務) についての関連する質問