JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ichinomiya-cptaに今すぐ質問する
ichinomiya-cpta
ichinomiya-cpta, 税理士
カテゴリ: 会計(監査、経理、財務)
満足したユーザー: 105
経験:  昭和52年 名古屋国税局 平成21年 半田税務署総務課長で退官 平成21年 愛知県一宮市で税理士開業
66374304
ここに 会計(監査、経理、財務) に関する質問を入力してください。
ichinomiya-cptaがオンラインで質問受付中

H21年4月に資本金100万円で設立された株式会社です。H23年8月に私が代表の一人に就任しましたが、この会社は実際

解決済みの質問:

H21年4月に資本金100万円で設立された株式会社です。H23年8月に私が代表の一人に就任しましたが、この会社は実際は何も事業を行っておらず、休業状態だったのですが、その資本金100万円は事業用途以外にすでに使われ ていて、その明細も領収書も残っておらず、実際には流動資産ゼロの会社です。もうひとりの代表と私とで、この法人名義を使い、FXの法人口座を開設、それぞれ自分の資金、合計1,222,321円を投入し、FX取引を行いました。結果、損失は1,137,418円です。これ以外に会社名義の事業活動は一切ありません。設立以降、一度も決算書や損益計算書を作成しておらず、今回初めて作成するにあたり、資本金が実際はゼロなのに、どのように勘定を設定すれば良いでしょうか?また、個人の資金を投入して行ったFX取引の取引資金は会社への個人からの貸付金という形になると税務署から聞きました。この損益について、そしてこの貸付金について、どのように決算書に反映させれば良いのでしょうか?経理処理はまったくの素人でお手上げの状態です。何卒宜しく教えていただきますようお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 会計(監査、経理、財務)
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

 決算では、貸借対照表と損益計算書を作成しなければなりません。

 資本金は残っていないということですが、貸借対照表では資本金は100万円とし、繰越利益が損失額となります。

 また、損益計算書では、売上や仕入れはゼロですが、特別損失でそのFXによる損失額を計上します。

 なお、FX取引において、当初の資本金100万円以外に個人のお金も投入しているならば、税務署の担当者の言うように会社は個人からの借入金として処理します。

 以上、参考としてください。

質問者: 返答済み 5 年 前.
>貸借対照表では資本金は100万円とし、繰越利益が損失額となります。

ということは、貸借対照表に繰越利益-100万円を計上するだけで良いのでしょうか?何もその-100万円を裏付ける数字は無いですが。
専門家:  ichinomiya-cpta 返答済み 5 年 前.

 裏付ける数字は、FXの取引明細で判明するのではないでしょうか。

 また、損失額は100万円ちょうどではなく、実際の損失額を計上してください。

 したがって、損失額が100万円を超える場合は差額が個人からの借入金となりますし、100万円より少ない場合は個人への貸付金となります。

 以上、参考としてください。

ichinomiya-cptaをはじめその他名の会計(監査、経理、財務)カテゴリの専門家が質問受付中

会計(監査、経理、財務) についての関連する質問